レディ

美容皮膚科に任せよう|明らかな変化に気分上々

医療機関で本格的な施術

女医

二重の埋没法が人気

目元をぱっちり見せる方法としてメイクをする際に、二重化粧品を利用して一重まぶたを二重まぶたに仕上げている女性は少なくありません。最近ではプッシャーを利用する従来の液体タイプから、長時間綺麗な状態を保つことが出来るテープタイプなど二重化粧品のレベルも変わってきています。やはり目元は皮膚の中でも特に薄く、デリケートな部位でもありますので、毎日二重化粧品を使い続けることで、目元に小じわが出来てしまったり、肌のたるみの原因になるなど幅広い肌トラブルを引き起こす可能性があります。二重化粧品を使わずに自然な二重まぶたを手に入れる方法として、大阪にある美容皮膚科クリニックで二重の埋没法を利用する方が増えてきているのです。大阪にある美容皮膚科は大手のクリニックが多く、様々な美容施術を行えるエキスパートの医師が多くクリニックにいるので、医療施術に合わせて適切な処置を受けることが出来る特徴があります。二重の埋没法は肌を切開せずに二重まぶたを手に入れることが出来ることから、プチ整形の一つとして利用者が多くなってきています。大阪にある美容皮膚科で行われている二重の埋没法は、施術自体は短時間で済みますが肌を傷めずに施術するためにも医師とマンツーマンで行う診察が大切になります。この時に施術を受ける患者の肌質などをしっかり把握し、希望の二重のラインを決めることにより施術をスムーズに進行させて納得のいく仕上がりにすることが可能です。

医療脱毛も可能

大阪にある美容皮膚科クリニックでは、二重施術の他に医療脱毛を受ける方もかなり多い特徴があります。一般的なエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設ではフラッシュ脱毛と呼ばれる光美容機器を利用した施術を採用しています。美容皮膚科クリニックで受ける医療脱毛は、医療レーザーを利用して施術を行うのでフラッシュ脱毛よりも脱毛威力が高く、短い期間と回数でしっかり施術を完了させることができます。最終的にムダ毛が生えてこない状態である永久脱毛に仕上げることができるので、自分でムダ毛の処理を行うのは面倒だと感じる方や、繰り返しエステサロンや脱毛サロンに通う時間が取れないという方にとってかなり魅力的な美容施術になっています。ただ医療レーザーは照射威力が高いことから、施術時に痛みを感じてしまう場合も少なくありません。一般的にレーザー脱毛を行う際の痛みはゴムで弾かれる程度の痛みだと言われており、皮膚が薄いデリケート部位の処理は特に痛みを強く感じてしまう方が多くあります。多くの場合はそのまま施術を受ける方が大半ですが、どうしても痛みを我慢することが出来ないという場合には麻酔処理を受けることも可能なので、誰でもストレスを感じる事なくスムーズな脱毛ケアが可能になります。まずはパッチテストを受けてみてある程度の痛みを把握してから、麻酔処理を受けるか受けないかを判断しても遅くはありません。また万が一肌にトラブルが起こってしまった場合も医師による適切な処置を受けることが可能なので安心です。たとえば、脱毛施術をしたばかりの皮膚は、普段はたいしたことがない刺激でも敏感に感じてしまう可能性があります。それを避けるために、特殊な保湿クリームを医師が紹介してくれます。これを脱毛箇所に塗るだけで、外部からの刺激から肌を守ってくれるのです。クリニックを選ぶときは、このようなアフターケアが充実しているところを選ぶのもいいでしょう。